やまぐちロケ地マップ シネマの旅

福田麻由子さんインタビュー

舞台挨拶先行上映 舞台挨拶

2009年11月14・15日の2日間。山口県内3ヵ所で「マイマイ新子と千年の魔法」が先行上映されました。
14日は映画の舞台になった防府市のワーナー・マイカル・シネマズ防府で2回の舞台挨拶が行われ、15日にはアスピラート防府でトーク&ライブも開催!両日ともたくさんの来場者で賑わいました。
そんな忙しいスケジュールの中、主演の福田麻由子さんから、インタビューとメッセージをいただきました。

ついに防府での上映ですが、どんなお気持ちですか?

緊張します!
これから全国でも公開されて舞台挨拶の予定もあるのですが、やはり防府のみなさんに観ていただいて、方言とか空気感が上手く伝わったかな?って。
どこよりも一番緊張してます。

福田麻由子さん福田麻由子さん

髙樹先生の印象は?

髙樹先生=新子ちゃんなんですけど、実は私にも額にマイマイがあって(笑)
親近感を感じます(笑)

主役の新子ちゃんを演じられて、いかがでした?

この作品に参加させていただいた事を、嬉しく思っています。
それと、実はお父さんが山口県出身で、おじいちゃんは防府の出身で今も山口県に住んでいるんです。
なのでとっても喜んでもらえて(笑)
私も親孝行出来たなって(笑)

縁があるんですね(笑) 山口県には小さい頃からいらしてました?

年に1、2回は来てました。
必ず大好きな徳山動物園に行って、帰りに防府の蒲鉾を買って帰るのが楽しみで(笑)
美味しいですよね(笑)

(笑)ローカルな話題が出た所で、山口弁での台詞についてお聞かせ下さい

最初、お父さんに聞いたりしていたんですけど、時代が違うので難しくて。
監督も昭和30年代の言葉の再現にこだわっていたので、当時の言葉で録音したセリフを聞きながら練習しました。
アフレコ現場でも、方言指導の先生に教えてもらいながら演じました。

演じた新子ちゃんは、福田さんからみるとどんな女の子?

新子ちゃんはホントにカッコイイ!
私は誰かと話すのでも、最初はどこか自分を隠してしまったり、真っ直ぐぶつかって行く事が出来ない事が多いんです。
でも新子ちゃんは悩んでも落ち込んでも、自分自身を100%出して何事にもぶつかって行く!
そんなところがカッコイイんです。

お気に入りのシーン・セリフを教えて下さい

終盤の方で、新子ちゃんと貴伊子ちゃんが夜道で話してるシーンですね。
持っていた懐中電灯の電池が切れちゃって、新子が「怖くない?」って聞くと、それまでは怖がる感じだった貴伊子が、「新子ちゃんがいるから大丈夫」って答えるんです。 そのシーンもセリフのやりとりもすごく素敵で、大好きです。

最後に、メッセージをお願いします

この映画をご覧になって、少しでも何かが皆さんに届いて、考えるきっかけになれば。
そして「良かったな」って思っていただけたら、それだけで充分です。
私もこの映画を観て、友達って大事だな。家族に支えられているんだなって思いました。
たくさんの人に観てもらって、家族の温かさだったり、友達と遊んでいる事が実はすごいことかもしれないって、ちょっとでも考えてもらえたら良いですね。
本当に素敵な映画ですので、もっとたくさんの人に知っていただけるよう、観ていただいた皆さんの力を貸していただけると嬉しいです。
いろんな人に、少しで良いので話してみて下さい。
よろしくお願いします!!

ありがとうございました