やまぐちロケ地マップ シネマの旅

原作について

映画「マイマイ新子と千年の魔法」(C)2009 髙樹のぶ子・マガジンハウス/
「マイマイ新子」製作委員会

原作

2009年、紫綬褒章を受章した、山口県出身の芥川賞作家・髙樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」が原作。
「クロワッサン」誌(マガジンハウス社刊)に2003年8月号から2004年8月号まで、およそ1年にわたって連載された。
現在単行本がマガジンハウスから、文庫本が新潮社より刊行中。

原作者

髙樹のぶ子(たかぎ・のぶこ)
1946年、山口県防府生まれ。
山口県立防府高等学校、東京女子大学短期大学部教育学科卒業。
出版社勤務を経て、80年に「その細き道」で作家デビュー。
84年「光抱く友よ」で芥川賞受賞。
以降、94年「蔦燃」で島清恋愛文学賞 、95年「水脈」で女流文学賞 、99年「透光の樹」で谷崎潤一郎賞 、06年「HOKKAI」で芸術選奨文部科学大臣賞など数々の賞を受賞。
2001年より芥川賞選考委員、05年より九州大学アジア総合政策センター特任教授も務める。
2008年10月より1年間、日経新聞誌上にて大人の恋の物語「甘苦上海」を連載。
2009年には紫綬褒章を受章 。