やまぐちロケ地マップ シネマの旅

HOME作品紹介 / 出口のない海

映画「出口のない海」

「半落ち」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した佐々部清監督の感動大作!
甲子園の優勝投手・並木浩二は、肩を痛めてエースの座を失う。それでも野球への情熱が消えることはなく、新しい変化球=魔球の完成に復活をかけていた。しかし、時代は戦争へと突き進んでいく。家族、友、そして恋人とも別れて海軍に志願した並木は、人間魚雷“回天”に乗って特攻という究極の任務を、自ら選択するのだった・・・。

  • 2006年9月公開作品 【松竹ホームビデオよりDVD発売中】
  • 監督/佐々部 清
  • 出演/市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷 瞬、香川照之、古手川祐子、三浦友和 他

監督/佐々部清
1958年1月8日、山口県下関市生まれ。明治大学文学部演劇科、横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)を経て、1984年より映画及びテレビドラマの助監督となる。
主に崔洋一、和泉聖治、杉田成道、降旗康男などの監督に師事。
02年「陽はまた昇る」(日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞)をはじめ03年「チルソクの夏」、04年「半落ち」(日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞・日本アカデミー賞最優秀作品賞)を手がけ、05年「四日間の奇蹟」。
2006年『カーテンコール』(日本映画批評家大賞作品賞受賞)、『出口のない海』と立て続けに作品を発表した。

回天訓練基地跡 [ 周南市大津島 ]

回天訓練基地跡は、太平洋戦争時、回天搭乗員の訓練を行った場所です。ラストシーンで使われました。
回天運搬用トンネルも、ラストシーンで使われました。写真が展示してあり、音声ガイドもながれます。トンネルの先は、回天訓練基地跡につながっています。回天をトロッコで運搬していたレールの跡が残っています。

回天訓練基地跡回天訓練基地跡
回天運搬用トンネル回天運搬用トンネル

徳山駅から徳山港まで徒歩約5分 → フェリー新大津島約44分(高速船約22分) → 「馬島港」下船、徒歩約5分

印刷改行用スペース

回天記念館 [ 周南市大津島 ]

記念館入口横に回天の原寸大レプリカを展示。館内には回天に関わる遺品や資料等が数多く展示されています。

回天記念館回天記念館

徳山駅から徳山港まで徒歩約5分 → フェリー新大津島約44分(高速船約22分) → 「馬島港」下船、徒歩約10分
開館時間:8:30~16:30
休館日:毎週水曜日(但し、水曜日が休日の場合は、その翌日)、及び年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:大人300円(30人以上の団体 大人240円、18歳以下の学生・幼児無料)

山鳩珈琲店 [ 下松市清瀬町3-13-7 ]

当時の学生たちが集う場所「喫茶ボレロ」のシーンで使われました。
店内はレトロな雰囲気で統一されています。

山鳩珈琲店 外観山鳩珈琲店 外観
山鳩珈琲店 内観山鳩珈琲店 内観
山鳩珈琲店 内観山鳩珈琲店 内観

下松駅からバス約15分「末武ブロック前」下車、徒歩約2分
営業時間:9:00~21:00  定休日:月曜日

阿多田交流館 [ 熊毛郡平生町大字佐賀3900-14 ]

回天の資料などが展示してあり、敷地内には撮影に使用された回天のレプリカが展示されています。

阿多田交流館阿多田交流館
回天のレプリカ回天のレプリカ

JR柳井駅から防長バス(上関行き、または佐賀東行き)「田名」バス停で下車、徒歩約3分。
開館時間:9:00~16:00
休館日:毎週月曜及び国民の休日(月曜が祝日の場合はその翌日)、年末年始

豊浦町海岸 [ 下関市豊浦町 ]

この浜辺が「回天光基地」として撮影されました。映画の中で観られる美しい海と島々は、付近の海岸線からも眺めることが出来ます。※ロケ地は私有地になりますので、立ち入りには許可が必要です。
JR黒井村駅、小串駅、または川棚温泉駅下車